アルタマール|フランス輸入雑貨、ヴィンテージ、アジアン雑貨, ,

美味しい時間

・その差は、愛と想像力・

 

好きな人とする食事はなぜかとても美味しい。愛しい人のために作った料理ならさらに美味しい時間を過ごせます。 年末年始にレストランやホテル、お料理屋さんで華やかな食事をしたとしても自分で作るのは格別。

今の時代は家で世界各国の映画を見て音楽も聴けるので、雑踏の中に紛れ込んで汚れた空気を吸いたくない人はあえて「家」で有意義な時間を過ごす選択もあります。 そんな価値観を持つ方のために、『美味しくて優しいテーブル』、年末年始に簡単にできるお料理をご紹介します。



簡単_鶏料理

北海道のジャガイモのフォンダン・鶏のグリル・ロマネスコ添え

雪山の森に浪漫を探しに冒険した鳥 

Aventure d'oiseaux sur la branche dans la forêt à la recherche de romance


 

材料 鶏肉、ジャガイモ、バター、牛乳、塩、コショウ(飾り付けはお好きな材料で)

(分量は適宜、材料費はお財布とご相談の上、お決めください。)


作り方
1、鶏肉に塩コショウし、グリルする。(ガスコンロの魚焼き器で焼くと美味しくできます)

2、少ない水で塩を振ったジャガイモを粉ふき芋にした後、皮をとって熱いうちにバターをいれミルクで煮る。
3、飾り付け(ガーニッシュ)は華やかさに、パルメザンチーズ(パルミジャーノ)をすりおろし、ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせた「ロマネスコ」、パセリ、レッドペパーを添えて。
*お好みで味醂としょう油を煮詰めたソースをかけます。

delicious_time

昔旅先で買った絵葉書、撮った写真を眺めながら今に全てが繋がっているあれこれを、冷蔵庫にあるシンプルな材料で作った料理を囲みながら好きな人と過ごす時間。旅の続きはお皿の上からまた始まります。


まだ恋人がいない人も、これから愛しい人を作りたい人なら料理ができるかどうかが運命の分かれ道。なぜならなんでも外で買えて美味しいレストランもあるのに、なぜ一緒にいたいと思うかどうかは美味しい時間を過ごせるから。 一緒に楽しみたいと思える人が見つからない場合でも、コストをあまりかけなくても自分で美味しく楽しい時間を作れるなら「おひとりさま」でも充分幸せです。昔行った場所の写真を見ながら、「あの時はじめて見た景色に、どうしてあんなに感動したのかな?」などと思いながらワインやお酒を飲むのは、大人の贅沢な時間です。

カンカンガクガク色々な話ができる時間こそが「美味しさ」であり、豊かな人生に必要なことは何か分かる瞬間です。日常的に料理に興味がない人は、ちょっともったいない気がします。なぜなら過去、料理を振るまってお相手を幸せにしてきた人ならご存知の通り、はっきり言ってもてますし、後々余韻が残る幸せが必ず帰ってくるからです。(浪漫が足りない時は枝分けした「ロマネスコ」を木に見立てて飾ってみてください!)
 

料理ができる人は幸せになります!本当なんですから。